圃場管理の課題と
電子化による効率化

新たな農業の時代が始まっています。

全農の営農管理システムZ-GISは、圃場情報をインターネットの電子地図と関連付けることで、効率的な営農管理を実現するシステムです。

パソコン・スマホ・
タブレットで情報共有

データを「Z-GISクラウド」に保管して共有できます。また、スマートフォンやタブレットで圃場からも閲覧・入力可能です。

Z-GISの特徴
圃場管理の効率化を目的に開発し平成30年4月25日からサービス提供を開始しました。
  • 簡単な管理
    圃場の位置情報(座標データ)とExcelデータを紐付けて管理します圃場毎の作付計画や作業内容等、管理したい項目をExcelで簡単に追加・記録できます。
  • データの視覚化
    記録した情報は地図上にわかりやすく「見える化」できます。
  • 共有ができる
    データをクラウド上に保管することで複数名で共有できます。
  • 高解像度地図
    高解像度の航空写真を使用し見やすい地図を提供しています。
31日間無料でZ-GISを試す。

圃場情報の電子化とクラウド活用で効率的な営農管理を実現するZ-GISを今すぐ試してみませんか?
お申込みは一切不要です。

最新のお知らせ
  • 2018.12.6Z-GIS(PC版)をver 1.2.2に更新しました。
    バージョン1.2.2(バグフィックス更新)での主要な変更点は下記のとおりです。
    ・ポリゴン塗色の保存・読み込みに関する不具合是正
  • 2018.11.22Z-GIS.aの最新版は3.1.0、Z-GIS.i/iiの最新版は1.2.7です。
  • 2018.11.21Z-GIS(PC版)をver 1.2.1に更新しました。
    ・詳しくはこちら
  • 2018.9.7Z-GIS(PC版)をver 1.2.0に更新しました。
    ・詳しくはこちら
利用者の評価
  • Excelを利用するため既存のデータが利用しやすい。
  • 他社システムのようなマスタ整備が不要で、すぐに利用できる。
  • 入力項目が固定されていないので、自由度が高い。
  • 大きな地図をA4に分割印刷できるなど、印刷機能が優れている。
  • 面積の自動計算機能が良い。水害の被災面積の計算に利用した。
  • 普及センター、JA、生産者の情報共有に使いたい。(普及センター)
  • 生産者へのリモートセンシング診断レポートの納入に使いたい。(リモートセンシング企業)
  • 各地で行っている現地試験の結果を社員で共有するのに使いたい。(農薬メーカー)
営農関連システム
全農が発信する営農情報・営農関連システムをご活用ください!
  • 営農総合情報誌「グリーンレポート」
  • 営農情報サイト「アピネス/アグリインフォ」
  • 営農計画策定支援システム「Z-BFM」